クラウドサービスが普及することによってウラウド用のソースコードで開発されたソフトが普及していくでしょう。

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

これからはクラウドサービスが普及することが予想されます。それに伴い今までのようなスタンドアローン形式のアプリケーションは減少していくのだと思われます。アプリケーションの種類が変われば今までコーディングされてきた言語やシステム設計を変えなくてはいけません。今後重要が高まるのはクラウド用のプログラムコードです。現行のアプリケーション市場ではドキュメント作成ソフト、スケジュール管理、スプレッドシート作成ソフトなどを大手メーカーが独占してきました。それらはパソコン1台1台にインストールせねばならず手間と時間がかかります。さらにOSがバージョンアップするたびにアプリケーションを更新したり、アプロケーションがバージョンアップすればそれも再インストールせねばならず顧客としては非効率的な状態を強いられてきました。社員が何千、何万といる大企業ではパソコンの再インストールをするだけでも時間と手間がかかり無駄な出費をするはめになります。
非効率なアプリケーション市場を打破すべく生まれたのがクラウドシステムです。これまでのような1部の大企業が市場を独占し、自由にコントロールして利益をあげる状態が改善されるでしょう。企業が利益をあげるために努力するのはあたりまえのことですが、顧客に不利益を押し付けて利益をあげることは許されません。顧客が目的の業務を果たすための便利なツールを、競争しながら適正な価格で売ることが正しい姿です。クラウドサービスではインターネットにアクセスできるパソコンであれば、アプリケーションがインストールされていなくても仕事ができます。顧客は無駄な時間を使うことなく本来の業務に集中できます。これによってクラウドシステムと連携する新たなアプリケーションも開発されてくると思います。いろいろなソフトハウスではクラウド用のソースコードで開発する方向に変わっていくでしょう。これからはクラウドサービスがより良い環境を提供してくれると思います。